全労災の火災保険とは?

一般の火災保険の自然災害の補償について@

一般の火災保険の場合、
地震等が原因の火災については
建物が半焼以上しないと補償の対象にならなかったり、

 

保険金額も保険金の5%、
300万円が上限になっていたりします。

一般の火災保険の自然災害の補償についてA

また、地震保険の場合、地震による保障は
火災保険の3〜5割が上限になっていますので、
損害の程度によっては
十分な保障が受けられないという可能性があります。

全労災の火災保険は?

全労災の火災保険は、以下のような特徴のある
自然災害保障付の火災保険を発売しています。

■火災による保険金に制限はありますが、以下のように風水害や地震に対する保障が厚くなっています。

 

・火災・爆発・水漏れなど → 最高6,000万円
・洪水・豪雨・台風・長雨など風水害の被害 → 最高3,300万円
・地震や噴火などによる損壊や火災 → 最高1,200万円

 

■自然災害や火災、盗難などで死亡したり障害を負った場合には、1事故1人について600万円を限度とした傷害費用共済金や盗難共済金も補償されます。

 

■保険料は1年更新のみで、支払方法には月払いと年払いとがあります。

 

■以下のように、火災共済と自然災害共済の両方から保険金が支払われるなど、幅広い保障になっています。

 

・火災の時 → 火災共済金+臨時費用
・地震による災害時 → 地震等災害見舞金+地震等共済金(地震等特別共済金)
・風水害の時 → 風水害等共済金+臨時費用

 

■再調達価格の特約をつけなくても、再調達価格での保障がつけられます。

 

スポンサーリンク