特約火災保険とは?

特約火災保険について@

特約火災保険は、
公的金融機関で住宅ローンを組む際に
必ず加入しなければならない火災保険で、
一般には加入できません。

特約火災保険についてA

具体的には、雇用・能力開発機構、
年金資金運用基金、都市基盤整備公団などの
公的金融機関から借入れをする際には、

 

融資物件について、
必ず特約火災保険に加入する必要があります。

 

特約火災保険にはそれぞれ幹事会社があり、
保険の申込窓口はその幹事会社になっているのですが、
特約火災保険は、
損害保険会社各社が共同で引き受けています。

 

これにより、保険事故が起きた場合には
各会社が引受割合に応じた
保険金を支払うということになっています。

特約火災保険は建物の評価額が限度?

特約火災保険は、
建物の評価額を限度としてのみ加入できます。

 

なので、返済開始後間もない時期に
火災により全焼してしまったようなケースでは、
保険金で住宅ローンの借入額を全額賄うことができず、
土地の部分のローンだけが残ってしまう場合も考えられます。

 

また、建物については、住宅ローンが終了するまでの間、
特約火災保険に加入して
質権に入る必要があるのですが、
家財には保険が付加できません。

 

なので、家財にも補償を付加する場合には
一般の火災保険で補填しなければなりません。

 

スポンサーリンク