保険金額の決定方法は?

保険金額の決定方法について

火災保険の保険金額の決定方法には
どのようなものがあるのでしょうか?

 

火災保険の保険の掛け方には、全部保険、
一部保険、超過保険の3種類あるのですが、

 

無駄もなく万が一のときにも困らない
保険金額の決定方法は、再調達価格で設定して、
保険金額=再調達価格にすることといえます。

全部保険とは?

全部保険の場合が
適正な保険金額の設定方法です。

 

再調達価格=保険金額になっている方法で、
保険料の無駄もなく必要な損害が補償されています。

一部保険とは?

一部保険の場合は、再調達価格>保険金額
になっている設定方法で、
損害保険金が再調達価格に対する
保険金額の割合に応じて削減されます。

超過保険とは?

超過保険の場合は、再調達価格<保険金額
になっている設定方法です。

 

損害保険金額は再調達価格になるため
十分な補償が受けられるのですが、
その反面、再調達価格を超えた分については
保険料が無駄になってしまうことになります。

 

スポンサーリンク