住宅火災保険と住宅総合保険の特徴は?/マンションの共有部分の火災保険は?

住宅火災保険と住宅総合保険の特徴について@

住宅火災保険と住宅総合保険の特徴は、
次のようなものです。

■住宅総合保険の水濡れや流しの給排水の損壊で壁や床に損害があった場合には、
建物の火災保険で補償されます。

 

ですが、家財保険に加入していないと、2階のトイレやカーペットから漏れた水が
ソファーやテレビに損害を与えても補償されませんので注意が必要です。

住宅火災保険と住宅総合保険の特徴についてA

■家財保険に加入していないと、住宅総合保険にセットされている
「持ち出し家財の損害」は意味がありません。

 

また、自宅以外の建物の中で、持ち出している物に損害があった場合に
補償されるものですので、建物の外ですと補償されません。

 

■落雷の損害で意外に多いのが家電製品の損害です。

 

建物が落雷により直接損害を受けた場合には、
建物だけに加入していても補償されます。

 

ですが、落雷でテレビやパソコンなどの家電製品が壊れたときには、
家財にも保険を掛けておかないと補償されませんので注意が必要です。

 

■住宅総合保険に加入すると、飛来物や落下、衝突でも補償されます。

 

なので、車の通りが激しい道路に面していたり、
子供のボール遊びなどが気になる場合には加入していると安心です。

 

スポンサーリンク

マンションの共有部分の火災保険について

新築マンションを取得するために、
金融機関の住宅ローンを利用する場合には、
質権設定のために火災保険に入る必要があります。

 

このときの保険金額は、専有部分と共有部分の
合計額である購入価格になっています。

 

つまり、仮に共有部分については、
マンション管理組合で加入していると
二重に加入してしまうことになります。

 

理論上は、共有部分については、
マンション管理組合が火災保険に加入しています。

 

なので、マンションの区分所有者は
専有部分のみに加入すればよいはずなのですが、
なぜ二重に加入する必要があるのでしょうか?

 

これについては、法律的には
管理組合の共有部分についての火災保険への加入が
義務付けられているわけではないです。

 

それ故、金融機関等としては
管理組合の善意を期待することができず、

 

結果として所有者に対して、
専有部分と共有部分のについての火災保険への加入を
強制しているというのが理由のようです。

 

では、管理組合が共有部分に
火災保険に加入している場合には、
火災保険が二重にかかっているので、

 

損害が発生したときには、個人の保険と重複して
保険金が支払われるのかというと、
現状では定かではありません。

 

スポンサーリンク