延焼被害は火災保険で対処するしかないの?

延焼被害に遭っても賠償されないの?@

隣の家が火事になり、自分の住まいが延焼被害に
遭ってしまったときは、賠償してもらえるのでしょうか?

 

民法では、他人に損害を与えたときは
賠償責任を負うように定められているのですが、
火事は例外とされています。

延焼被害に遭っても賠償されないの?A

また、民法の特別法である失火法では、
賠償責任を負うのは、
重大な過失がある場合のみと定められています。

 

なぜ、法律がこのようになっているのかというと、
失火法ができた明治32年の日本では、木造家屋が多く、
一旦火が出ると延焼被害が避けられない
という背景があったからです。

 

どんなに注意していても火災は起こりますし、
本人も火事によって財産を失っており、
延焼被害の責任まで負わせるのは重すぎる
という理由もあったようです。

 

よって、隣家からの延焼によって
損害賠償を受けることができるのは、
重大な過失があった場合のみとなります。

 

具体的には、故意(わざと)ではないにしても、
注意しないと大変なことになることが想定されるのに、
それを怠ったケースということです。

 

ちなみに、過去の判例を見ますと、
天ぷら油を加熱したまま現場を離れたことで生じた
火災事故が重過失と認定されています。

 

なお、状況にもよりますので、一概には言えませんが、
軽い過失、例えば、ストーブの火の消し忘れのようなケースは
重大な過失にはあたりませんので、
賠償を受けることはできません。

延焼被害は火災保険で対処するしかないの?

前述のように、自分にはまったく落ち度がなく、
相手方に一方的な原因がある場合でも
賠償を受けることができないケースがあります。

 

納得できない人も少なくないかもしれませんが、
もらい火で損害を被った場合にも、
頼れるのは火災保険ということがいえそうです。

 

スポンサーリンク