ハザードマップはどこで見られるの?

ハザードマップとは?@

ハザードマップを見ると、どのような災害を、
どの程度受けやすいかということがわかりますので、
一度はチェックしておきたいところです。

 

ハザードマップというのは、風水害や地震など、
自然災害の被害範囲・程度を予測して
地図で表したものです。

ハザードマップとは?A

このハザードマップには、次のようなものがあり、
地域の実情に応じて、
各市区町村がいずれかを作成しています。

■洪水
■高潮
■地震
■土砂災害
■内水※
■津波
■火山...など

 

なお、避難が遅れると命にかかわらることもあることから、
避難経路や避難場所、心得などを掲載している
自治体もあるようです。

 

※大雨によって街からうまく排水されなかった水で、下水道などがあふれる水害のことをいいます。

 

スポンサーリンク

ハザードマップはどこで見られるの?

ハザードマップは、自治体のホームページで
公開されているケースも増えています。

 

また、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」では、
全国各地のハザードマップや、
各市区町村のハザードマップの
アドレスが掲載されているので便利です。

 

なお、どちらにも掲載されていない場合には、
市区町村役場の防災担当課へ問い合わせてみてください。

土地条件図を見るには?

土地条件図というのは、
ハザードマップを作成するための基礎的な情報で、
いわゆる土地の生い立ちが記されたものをいいます。

 

国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、
この土地条件図も見ることができます。

 

土地の生い立ちや形状、地盤の高低、
干拓・埋め立ての歴史がわかれば、

 

洪水や高潮などによって、
どの土地がどの程度の被害を受ける可能性があるのか
ということが、かなりの程度まで推定できます。

 

これにより、リスクの可能性や大きさが分かれば、
火災保険や地震保険でどのような備えをすればよいのかが
見えてくるはずです。

 

スポンサーリンク