火事・自然災害への減災策とは?

被害を最小限に抑える減災策とは?@

どれだけ注意していても
火事が起きる可能性はゼロにはなりませんし、
自然災害に至っては回避しようがありません。

 

なので、万一災害に遭ったとしても、
その被害を最小限に抑えられるよう、
次のような減災策が大切になってきます。

被害を最小限に抑える減災策とは?A

■火事への減災策
・家族でルールを作成するなど、注意を徹底することが大切です。

 

・消火器などを用意しておくのも一つの方法です。

 

■自然災害への減災策
・ハザードマップえリスクを把握しておくことが重要です。

 

・1981年5月以前に建設された建物であれば、自治体の制度を活用して、建物の耐震診断・改修を行うようにします。

 

・1981年6月以降に建設された新耐震基準による建物であっても、必要なメンテナンスを行うなど、災害に強い家にしておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

災害には人的ネットワークも有効?

災害に備えて、日頃から
人的ネットワークを築いておくのも有効です。

 

具体的には、例えば、次のようなものです。

■いざというときには高齢者や身体が不自由な人の非難を手伝う。
■留守中に被災したら、子供を預ってもらう。
■近所や子供を通じたコミュニティをつくる。...など

二重ローンになる可能性とは?

災害に遭い自宅を再建することになれば、
新たに住宅ローンを借り入れることになりますので、
元のローンとの二重ローンになる可能性があります。

 

よって、災害対策としては、現在返済中のローンを
減らしておくというのも重要な対策になります。

貯蓄も災害対策になるの?

被災した場合には、最大300万円まで支給される
という公的支援制度もありますが、
それだけでは十分とはいえません。

 

火災保険や地震保険に加入するなどの
自助努力は不可欠ですが、
それでもカバーされない損害というのもあります。

 

よって、保険に加入していれば安心と考えず、
貯蓄を十分にしておくことも重要です。

 

スポンサーリンク