地震保険はどこで取り扱っているの?

公的支援金だけでは足りない?

地震などによって自宅が損害を受けた場合には、
被災者生活再建支援制度を受けることができます。

 

この制度では、自宅が全壊した場合には
最大300万円が受け取れますが、
これではとても十分とはいえません。

 

そこで足りない部分を補うのが地震保険になります。

地震保険はどこで取り扱っているの?

地震保険は損害保険会社が取り扱っています。

 

また、加入できる金額は、
火災保険で契約した金額の30〜50%です。

 

ちなみに、都道府県民共済やJA共済、全労災、
コープ共済にも、地震による損害で、共済金や見舞金が
支払われるタイプの火災共済などがあります。

地震保険は共済と重複してもいいの?

地震保険と共済は、重複して加入することもできますが、
合わせて建物の価値までとなっています。

 

共済の共済金額は、
基本的に地震保険よりも小さいので、
手厚く備えたいのであれば、
地震保険を選択するのが基本になります。

地震補償保険「リスタ」とは?

公的補償はわずかであり、
地震保険も加入できる金額が限られます。

 

なので、自宅が全壊した場合には、
それだけで自宅を再建することは困難といえます。

 

とはいえ、地震保険に加入しておけば、
再建に必要な資金の多くの部分を賄うことができるのも
事実ですから、やはり頼りになる保険といえそうです。

 

さらに補償を充実させたいという人の場合は、
地震保険(or共済)に上乗せして、
日本震災パートナーズの地震補償保険
「リスタ」に加入するという方法もあります。

 

これですと、加入できる保険金額は、
家族の人数によっても異なりますが、
補償の大きさを選択するこが可能です。

 

スポンサーリンク