地震保険の内容・保険料は?

地震保険が特別な保険と言われているのはなぜ?@

地震保険は1966年に誕生した保険です。

 

それ以前は、地震によって大きな被害を受けても、
天災としてあきらめるしかなかったわけですが、
それではあまりにも
被災者が受ける経済的ダメージが大きすぎます。

地震保険が特別な保険と言われているのはなぜ?A

そこで、国は1964年の新潟地震をきっかけに
「地震保険に関する法律」を制定し、

 

保険会社だけでなく政府も
保険金の支払い義務を負う制度として
地震保険をつくったのです。

 

このように、保険会社独自のものである
生命保険や自動車保険とは異なり、
地震保険は、法律に基づいて運営されている
特別な保険なのです。

地震保険の内容・保険料は?

地震保険は、
法律に基づいて運営されている保険ということから、
保険の内容や保険料はどの保険会社でも同じです。

 

また、保険会社の経営状態などにより
支払いが危うくなるなどということもありません。

 

加入者が支払った地震保険料は、
保険会社の代理店手数料やその他の必要経費を
差し引いた額が積み立てられています※。

 

こうしたことは、地震保険に関する法律で
義務付けられています。

 

※将来の保険支払いのために積み立てられているお金のことを責任準備金といいます。

 

スポンサーリンク

地震保険の責任準備金はどのように運営されているの?

前述した責任準備金は、
一定のルールの下に運営されていますが、
災害時には、速やかに保険金を
支払わなければならないことになっています。

 

実際には、日本地震再保険株式会社※という組織が、
各保険会社の責任準備金を一括管理・運用しています。

 

また、運用については、
換金性や安全性が重視されていることから、
預金商品や国債、政府保証債券などに限定されています。

 

※損害保険会社が引き受けた地震保険契約の全責任を再保険特約によって引き受け、その責任を均質化し政府等に対して、それぞれの限度額に応じて再々保険し、その残りの責任を引き受けている再保険会社です。

地震保険は利益がない?

地震保険というのは、
家計が地震のリスクに備えるための保険として、
法律に沿って運営されていることから、

 

地震保険の保険料は、被災リスクに応じた金額で、
保険会社の利益はありません。

 

スポンサーリンク