地震が原因の火事は火災保険の対象外?

地震保険で保険金が受け取れる場合とは?@

地震保険で保険金を受け取ることができるのは、
地震や噴火、津波が原因で
自宅や家財が損害を受けた場合です。

 

具体的には、次のような場合は当然のことながら、
地震保険の対象となります。

地震保険で保険金が受け取れる場合とは?A

■地震の揺れによって自宅が倒壊したり、家財が破損したような場合

 

■地震により地すべりや山崩れ、土砂災害が起きたことで、自宅や家財が埋没したり、建物が住めない状態になった場合...など

地震が原因の火事は火災保険の対象外?

地震が起きると、その揺れによって
ガスコンロの火が引火したり、ストーブが倒れたりして、
火災が起きることも少なくありません。

 

このとき、火事だから
火災保険で補償されると思いがちです。

 

でも、実際には、地震が原因で起きた火事というのは
火災保険の対象にはなっていない
ということに注意したいです。

 

つまり、火災保険に地震保険を付帯しておかないと
補償が受けられないということです。

 

スポンサーリンク

津波被害は地震保険で保険金が支払われるの?

東日本大震災では、地震による津波で
建物やクルマが流されるなどの被害が生じましたが、
こうした津波による自宅や家財の喪失についても、
地震保険によって保険金が支払われます。

 

また、地震により堤防が決壊し
洪水となった場合もカバーされます。

 

さらに、東日本大震災では、千葉県や埼玉県など、
地震が原因で発生した液状化も問題となりましたよね。

 

このような液状化による一定以上の損害にも、
保険金が支払われます。

噴火による被害にも保険金は支払われるの?

日本には活火山が多くありますが、
噴火による被害も地震保険の対象となっています。

 

なので、噴火が起きて溶岩流、火山灰や暴風、
噴石により建物が倒壊したり、
火砕流で建物と家財が焼失した場合も、
地震保険でカバーされます。

 

スポンサーリンク