家財はどこまで補償してもらえるの?

地震保険の支払い対象になるものとは?

地震保険は建物と家財に分かれていますので、
両方をカバーしたい場合には、
それぞれに加入する必要があります。

 

また、地震保険の支払い対象となるものは、
生活に必要なものとされていますので、
ぜいたく品やクルマは補償の対象外となっています。

 

なので、建物は居住用建物のみ、
家財は生活用家財に限られます。

家財はどこまで補償してもらえるの?

家財については、
生活用家財全般が補償の対象となります。

 

具体的には、例えば、テレビや冷蔵庫などの家電製品、
テーブルや棚といった家具などです。

 

補償の対象になるのは、
あくまでも生活必需品に限られますので、
1組30万円を超える宝石や骨とう品などのぜいたく品は
対象外となります。

 

これは、地震保険がいざという時に
生活を立て直すための制度だからです。

 

絶対に失いたくない貴重品などは、
生活に欠かせないモノとはいえません。

 

なので、金庫を利用するなど別の対策が必要になります。

 

もちろん、小切手や商品券などの有価証券も補償されません。

店舗併用住宅はどうなるの?

事務所や店舗が併設された併用住宅では、
商品や什器備品といった営業用の物品もありますが、
これらも保険金の支払い対象外となります。

自転車や原付自動車はOK?

自転車や125cc以下の原付自動車は
家財に含めることができますので、
保険金の支払い対象となります。

 

しかしながら、自動車は家財には含まれますが、
地震保険の対象とはなりません。

 

住んでいる地域によっては、クルマが生活の足であり
必需品であるというケースもあるかもしれませんが、
クルマは地震保険では補償されませんので注意が必要です。

 

スポンサーリンク