保険金額は3区分で決まる?

地震保険の3区分とは?@

生命保険の場合は、入院したら1日1万円
などというように受け取れる金額が決まっています。

 

一方、地震保険の場合は、損害の大きさに応じて、
保険金が次の3つの区分で決まる仕組みになっています。

地震保険の3区分とは?A

■全損(100%)
・建物の主要構造部(壁・柱・梁など)が時価の50%以上損害を受けた場合や、延床面積の70%以上が焼失、流出した場合

 

■半損(50%)
・全損よりも損害が少し小さい場合

 

■一部損(5%)
・半損よりも損害がさらに小さい場合

 

例えば、
保険金額1,000万円の地震保険に加入していた場合、
全損でしたら、保険金額の100%の
1,000万円が支払われることになります。

 

また、半壊でしたら50%の500万円が、
一部損でしたら5%の50万円が支払われます。

 

このように、3区分のどこに該当するのかによって、
受け取れる保険金はかなり変わってきます。

 

さらに、家財についても3つの区分があり、
家財の時価の80%が損害を受ければ全損となり
保険金額の100%が、半壊なら保険金額の50%が、
一部損なら5%が支払われます。

なぜ保険金額を3区分で決めるの?

保険金額を3つの区分で決めるのは、
素早く保険金を支払うためです。

 

大地震では、一度にたくさんの件数が損害を受けることから、
1件ずつ細かく損害状況を調査していたのでは、
保険金の支払いにどれ位時間がかかるかわかりません。

 

そこで、損害をシンプルに3区分として、
スピーディーに保険金の支払いをすることになったのです。

 

スポンサーリンク