地震保険の損害の3区分と津波による建物の被害

地震保険の損害の3区分とは?@

地震保険では、次のように、
損害の大きさに応じて
保険金が、
次の3つの区分で決まる仕組みになっています。

地震保険の損害の3区分とは?A

<建物分>
■全損(100%)・・・支払い保険金額:契約金額の100%(時価が限度)
・建物の主要構造部(壁・柱・梁など)が時価の50%以上損害を受けた場合や、延床面積の70%以上が焼失、流出した場合

 

■半損(50%)・・・支払い保険金額:契約金額の50%(時価の50%が限度)
・建物の主要構造部(壁・柱・梁など)が時価の20%以上50%未満損害を受けた場合や、延床面積の20%以上70%未満が焼失、流出した場合

 

■一部損(5%)・・・支払い保険金額:契約金額の5%(時価の5%が限度)
・建物の主要構造部(壁・柱・梁など)が時価の3%以上20%未満損害を受けた場合や、床上浸水または地盤面から45センチを超える浸水があった場合(一部損未満)

 

<家財分>
■全損(100%)・・・支払い保険金額:契約金額の100%(時価が限度)
・家財時価の80%以上の損害

 

■半損(50%)・・・支払い保険金額:契約金額の50%(時価の50%が限度)
・家財時価の30%以上80%未満の損害

 

■一部損(5%)・・・支払い保険金額:契約金額の5%(時価の5%が限度)
・家財時価の10%以上30%未満の損害

津波による建物の被害はどうなるの?

津波によって建物が被害を受けた場合は、
次のようになります。

 

なお、木造建物(在来軸組工法・枠組壁工法)、
鉄骨造建物(共同住宅除く)の場合です。

■全損(100%)・・・支払い保険金額:契約金額の100%(時価が限度)
・鴨居、長押または扉の上端に至る床上浸水の場合

 

■半損(50%)・・・支払い保険金額:契約金額の50%(時価の50%が限度)
・床上浸水または地盤面より45センチを超える浸水の場合

 

■一部損(5%)・・・支払い保険金額:契約金額の5%(時価の5%が限度)
・基礎の高さ以上の浸水を被った場合で、全損または暗損に至らない場合

 

スポンサーリンク