マンションの共用部分に地震保険はかけられるの?

地震保険の加入額には上限があるの?@

地震保険の保険金額(加入額)を決める場合には、
次のような上限がありますので注意が必要です。

■建物、家財ともに、火災保険で加入する額の30〜50%
■建物については5,000万円
■家財については1,000万円

地震保険の加入額には上限があるの?A

具体的には、例えば、
火災保険の保険金額が2,000万円、
家財1,000万円の一戸建てでしたら、

 

地震保険は、
建物1,000万円、家財500万円が上限となります。

建物の評価はどう行われるの?

火災保険の保険金額(加入額)は、加入の際、
保険会社が建物の価額を評価し、
その評価額が保険金額となります。

 

評価の基準となるのは、基本的には
同じ程度の建物を再び取得するのに必要な額、
すなわち再調達価額になります。

 

ただし、例外もあります。

 

なお、建物と家財の両方の補償を得る契約だけでなく、
建物のみ、家財のみ、といった契約も可能です。

 

スポンサーリンク

マンションの共用部分に地震保険はかけられるの?

マンションの建物には、
共用部分と専有部分があります。

 

一般的に共用部分は、
マンション管理組合で契約することになりますので、
自分で契約するのは専有部分のみになります。

 

地震保険の金額については、
共用部分と専有部分の合計で
一戸当たり5,000万円が限度となっています。

共用部分について火災保険に加入していない場合は?

そもそも管理組合が
共用部分の火災保険契約をしていなければ、
地震保険も契約していないはずです。

 

このような場合には、共用部分の持分に応じた額を、
専有部分の火災保険金額に
上乗せして加入することが必要になりますので、
まずは管理規約の確認をしてください。

 

スポンサーリンク