地震保険の保険料は地域によって違うの?

地震保険の保険料はどこで契約しても同じ?@

地震保険の保険料というのは、
法律に基づいて算出されていますので、

 

契約条件が同じであれば、
どの保険会社で契約しても保険料は同じになります。

地震保険の保険料はどこで契約しても同じ?A

ただし、保険料は、住所や建物の構造によって異なり、
地震発生の危険度や、
予想される被害規模により決められます。

 

ちなみに、都道府県別に1等地から4等地の4段階、
非木造(マンションなど)か木造かの2段階で、
合計8段階、組合せで16通りとなっています。

 

なお、一番安いのは1等地の非木造で、
最も高いのは4等地の木造になっています。

地震保険の保険料はどれくらい?

地震保険金額1,000万円あたりの保険料は、
次のようになっています。

■1等地
⇒ 岩手県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は5,000円、主に木造の建物は1万円です。

 

■2等地
⇒ 北海道、青森県、宮城県、新潟県、長野県、岐阜県、滋賀県、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、大分県、宮崎県、沖縄県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は6,500円、主に木造の建物は1万2,700円です。

 

■3等地
⇒ 香川県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は6,500円、主に木造の建物は1万5,600円です。

 

■3等地
⇒ 茨城県、山梨県、愛媛県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は9,100円、主に木造の建物は1万8,800円です。

 

■3等地
⇒ 埼玉県、大阪府
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は1万500円、主に木造の建物は1万8,800円です。

 

■3等地
⇒ 徳島県、高知県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は9,100円、主に木造の建物は2万1,500円です。

 

■3等地
⇒ 千葉県、愛知県、三重県、和歌山県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は1万6,900円、主に木造の建物は3万600円です。

 

■3等地
⇒ 東京都、神奈川県、静岡県
⇒ 主に鉄骨・コンクリート造の建物は1万6,900円、主に木造の建物は3万1,300円です。

 

スポンサーリンク