共済の火災保険とは?

共済の火災保険について

共済の火災保険というのは、
掛捨型では、損害保険会社の商品よりも、
保険料が安いのが特徴です。

 

一般的に、
保険料をできるだけ安くしたいという場合には、

 

掛捨ての全労災や生協連などが、
また、地震に対する備えを厚くするなら、
全労災の自然災害保障つき火災共済、
JAの建物更正共済などがおすすめです。

共済について

協同組合や各種の共済団体が、
組合員とその家族を主な対象に、
生命・住宅等の財産等に対する災害や
その他の出費に備えるために設けた
相互扶助の制度のことを共済といいます。

全労災の自然災害保障つき火災共済とは?

全労災の自然災害保障つき火災共済は、
地震や台風などの自然災害で損害を受けた場合には、
自然災害共済と火災共済の両方から
保険金が給付されるため保障が厚くなっています。

 

また、地震による火災であっても
最高1,200万円まで保証されます。

全国生協連の新型火災共済とは?

全国生協連の新型火災共済は、
1年目から契約の予約が可能なので
契約が途切れず自動更新です。

 

また、保険金額の設定が
あらかじめ再調達価格でされているほか
期末時の余剰金の割戻しがあります。

JAの建物更正共済とは?

地震による損害であっても
損害額の50%までが補償されるとともに、
満期共済金つきの共済、掛け金は、
地域にかかわらず全国一律です。

 

ただし、貴金属や宝石、美術品については
明記しても補償の対象にはなりません。

 

スポンサーリンク