火災保険契約の告知義務とは?

火災保険の告知義務について@

火災保険契約では、
火災保険の対象になる物件について、

「他の火災保険契約の有無」
「構造、用途」
「床面積」
「所在地と所有者」

などを告知する義務があります。

火災保険の告知義務についてA

また、契約期間中に以下のようなことがあったら、
その旨を保険会社への報告する必要があります。

■譲渡があった場合
■引越し等で保険の対象を移転させた場合
■建物の構造・用途の変更

 

なお 、家財保険の場合にも、家財が収容されている
建物の床面積、構造や用途の告知義務があります。

他の火災保険にも入っている場合について

他の火災保険にも入っている場合は、
合計保険金額が時価を超えないように設定します。

 

保険金額が時価を超えてしまうと
その超えた分については補償されませんので、
保険料が無駄になってしまうからです。

 

なお、2社以上の保険に加入している場合の
支払保険金額というのは、他の契約がなかったと
仮定した支払責任額から算出するのですが、
時価を超える保険金は支給されないことになっています。

 

スポンサーリンク