繰り上げ返済のタイプとは?

繰り上げ返済にはどのようなタイプがあるのですか?

繰り上げ返済には以下の2つのタイプがあります。

■返済額軽減型
・返済額軽減型は、毎月返済額を減らすタイプです。

 

■期間短縮型
・期間短縮型は、返済期間を短くするタイプです。

返済額軽減型と期間短縮型ではどちらが有利ですか?

返済額軽減型と期間短縮型を比べるとわかりやすいです。

 

仮に、返済開始後に100万円程度の繰り上げ返済を
5年経過後、10年経過後、15年経過後に行ったとすると、
返済額軽減型よりも期間短縮型の方が有利になります。

 

また、その効果も、繰り上げ返済の時期が
早ければ早いほど高くなります。

余裕資金で繰り上げ返済していった方がよいのでしょうか?

通常、借入金の金利の方が
預貯金の金利よりも高くなっています。

 

ですから、手元に余裕資金があり、
生活設計において支障がないようであれば、
早めに住宅ローンの一部繰り上げ返済をすることは
有利になります。

 

なお、返済期間の長期・短期にかかわらず、
住宅ローン返済中の見直しは必須です。

 

スポンサーリンク