預金連動型ローンのメリットは?

預金連動型ローンとは?@

預金連動型ローンは、金融機関の
住宅ローン利用口座にある預金残高の分について、
借入金利が低くなるというものです。

 

この預金連動型ローンには
以下の2つのタイプがあります。

預金連動型ローンとは?A

2つのタイプの預金連動型ローンは、次のものです。

■預金残高分だけ借入金の金利がゼロになるタイプ
■ローン利息をキャッシュバックするタイプ

 

こうした特徴のある預金連動型ローンですが、
以下のような方が利用するとメリットも大きいです。

■毎月貯蓄は可能だけれど、できれば手元に置いておきたい。
■預金はあるけれど、将来使う予定があるので繰上返済はしたくない。

預金連動型ローンのメリットとは?

預金連動型ローンのメリットとしては、
以下のようなものがあげられます。

■団体信用生命保険のメリット
預金連動型ローンを利用することによって、
繰り上げ返済と同じ効果を受けながら、
団体信用生命保険のメリットを最大限に受けることができます。

 

また、万一のことが住宅ローンの契約者にあっても、
そのまま家族に預金部分を残せます。

 

■減税のメリット
繰り上げ返済をすると住宅ローン残高が減少するため、
住宅ローン控除の額も減少することになりますが、
預金連動型ローンを利用すれば、
住宅ローン残高は減少しませんので、

 

繰り上げ返済と同じ効果を受けながら、
減税の効果も受けることができます。

 

■資産運用としてのメリット
普通預金の残高部分について、
実質的にローン金利+ローン減税分の金利で運用していることになり、
資産運用としてのメリットがあります。

 

また、保証料がかからないので経費の軽減にもつながります。

 

■預金を手元に残せるメリット
預金残高分のローン金利がゼロになるので、
預金を手元に残しながら繰り上げ返済をしたのと同じ効果があります。

 

また、預金部分は普通預金ですから、自由に引き出すことが可能で、
将来の教育費や生活費の増大にも対応でき安心です。

 

スポンサーリンク