固定金利と変動金利の選択は?

固定金利と変動金利の選択のポイントは?

固定金利と変動金利の選択にあたっては、
以下のようなポイントに重点をおくのが大切です。

■今後の金利情勢
■今後のライフプランの変化

金利情勢から固定金利と変動金利を選択する場合は?

一般には、金利が下降局面にあるときには
変動金利が有利であり、
反対に、金利が上昇局面にあるときには
固定金利が有利であるとされています。

 

しかしながら、金利については、当初の金利水準や
今後の金利変動のペースによっても異なってきます。

 

なので、一概には言うことはできません。

 

もし、今後の金利情勢から
金利タイプを選ぶという場合には、
固定金利と変動金利のおおよその損益分岐点を
シミュレーションしてみるとよいでしょう。

今後のライフプランの変化から固定金利と変動金利を選択する場合は?

今後のライフプランの変化から
固定金利と変動金利を選択する場合には、
以下の点には注意したいところです。

■退職後の返済
・退職後にも返済が及ぶ場合には、その時期の返済負担は軽くなるようにする。

 

■教育費のかさむ時期
・高校入学から大学入学までの期間は教育費がかさむので、金利変動を避けるようにする。

 

■子供が小さい時期
・これから子供を作る予定の場合は、小学校に入学するまでの期間は金利変動を避けるようにする。

 

■共働きのケース
・共働き夫婦の場合は、配偶者が退職したとしても返済が可能なようにしておく。

 

スポンサーリンク