上限金利設定型のメリットは?

上限金利設定型のどのような金利タイプなのですか?

上限金利設定型は、
金利タイプとしては変動金利型の一種で、
あらかじめ上限金利が設定してあるというのが特徴です。

 

上限金利設定型については、
多くの大手金融機関で取り扱っていますが、
金融機関によっては取り扱いのないところもありますから、
利用の際には事前に確認するようにしてください。

上限金利設定型のメリットとは?

上限金利設定型のメリットは、
上限金利が設定されていることから、
たとえ今後金利が上昇したとしても
一定以上までしか金利が上がらないので、

 

いわゆる通常の変動金利における金利変動リスクを
軽減させることができるということがあげられます。

 

とはいえ、この上限金利設定型を選ぶ場合には、
自分なりに住宅ローンを組んだ後、
具体的には5年後、10年後程度の
金利の見通しを立てておかなければなりません。

 

なお、具体的な大手金融機関の
上限金利設定型と変動金利型は、以下のようになっています。

■上限金利型
・5年もの
⇒ 当初適用金利…2.65%
⇒ 上限金利…3.95%

 

・10年もの 
⇒ 当初適用金利…3.0%
⇒ 上限金利…4.9%

 

■変動金利
⇒ 2.625%

 

※平成19年3月時点のものです。

 

スポンサーリンク