日影規制、風致地区、難燃材料とは?

日影規制とはどのような規制ですか?

日影規制というのは、
建築法規の内容を意味する用語です。

 

具体的には、中高層建築物による
一定時間以上の日影を生じさせないように
制限する規制のことをいいます。

日影規制の内容は?

日影規制の内容によって定められた
平均地盤面からの高さで、冬至日の真太陽時の
午前8時から午後4時※の日影時間が、
敷地境界線からの水平距離により定められています。

 

※北海道内な午前9時から午後3時です。

風致地区とはどのような地区ですか?

風致地区というのは、地域地区のことです。

 

具体的には、都市において、
自然的な要素に富んだ土地における
良好な自然的景観を維持するために定める
地域地区のことをいいます。

 

スポンサーリンク

風致地区の規制は?

風致地区では、政令で規定されている基準に従って、
地方公共団体の条例によって、
建築物の建築等に対する規制が行われます。

標準値とはどのようなものですか?

標準値というのは、地価公示の用語です。

 

具体的には、地価公示において
価格を公示する地点のことを意味します。

 

また、土地鑑定委員会が
自然的および社会的条件から見て、
類似の利用価値を有すると認められる地域において、

 

土地の利用状況、環境等が、
通常と認められる土地について選定しています。

 

ちなみに、標準値は、都道府県地価調査における
基準値とは対になる用語です。

難燃材料とはどのようなものですか?

難燃材料というのは、建築法規の用語です。

 

また、建築材料で難燃性を有するものとして、
国土交通大臣が定めたもの、
あるいは認定を受けたものをいいます。

 

具体的には、通常の初期火災時に、
次のような状態のものを難燃材料といいます。

■燃焼しないもの
■有害な変形・溶融・亀裂を生じないもの
■有害な煙やガスを発生しないもの

 

スポンサーリンク